【国防】 「日本に対する制空権を確保するためだ」 韓国がステルス戦闘機を60機購入  KFX計画も早期着手か このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/02/12 21:26 ] 軍事 | TB(0) | コメント(1)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1影の軍団ρ ★2011/02/12(土) 20:23:34 ID:???0

環球時報はこのほど、「韓国政府が日本、中国に対する制空権を確保するため、
戦闘機計画の第3段階スケジュール(FX3次事業)について見直しを始めた」と報じた。

記事は、「2010年年末に発生した北朝鮮との砲撃戦は、韓国の国防予算案に打撃を与えたが、
韓国国内では北朝鮮の脅威に対抗するために、空軍強化を求める声が上がった」と報道。

さらに、韓国国防関係者の「当計画は中国、日本に対する制空権を確保するためでもある」
というコメントを引用した。

韓国は2011年12月からFX3次事業の入札開始を予定しており、約9億ドルを投じてステルス戦闘機を60機購入する計画だ。
当計画は2020年までの予定で、早ければ2015年にはステルス戦闘機が導入される可能性もある。

韓国は同時にKFX(韓国国産戦闘機開発)計画も進めており、記事は「ユーロファイター社は、
韓国がユーロファイタータイフーン計画に参加する条件でKFX計画に技術を提供する可能性がある」と報じた。

中国が次世代ステルス戦闘機「殲20」開発に成功して以来、次世代戦闘機をめぐる動きが活発化している。
日米両国は18日、F35戦闘機の性能に関する情報秘密保持協議に署名。日米メディアは、中国のステルス戦闘機「殲20」の登場が
日本のF35購入を刺激したと伝えた。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0212&f=politics_0212_012.shtml

【国際】 中国、次世代ステルス機「殲20」の試作機完成
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1294112925/-100

【防衛】 次期主力戦闘機、米英が売り込み!イギリスはユーロファイター!アメリカはF35とFA18!★4
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1296862064/-100

【FX】次期戦闘機候補はF35、FA18E/F、ユーロファイターの3機種に…防衛省、予算計上へ★7
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1277782074/-100



【日本オワタorz】 韓国が最新戦車の量産へ。「日本の90式戦車2両を貫通できる」 自衛隊(笑) このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/02/12 16:44 ] 軍事 | TB(1) | コメント(2)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1 おもてなしくん(神奈川県)2011/02/12(土) 16:11:11.73 ID:KPLScpxb0

核心部品の欠陥により量産が1年間延期されていた韓国の新型戦車「K2」が量産される見通しだ。環球時報が報じた。

主力戦車K2は、韓国国防科学研究所(ADD)が研究開発した新型の戦車だ。
2キロメートル以内の敵方戦車への命中率は95%以上で、ヘリコプターも打ち落とせるが、
パワーパック(エンジンと変速装置を組み合わせた動力装置)に重大な欠陥が見つかっていた。
2008年に発見された欠陥により、K2プロジェクトは延期を余儀なくされ、生産計画は500両から380両にまで減少した。

K2戦車は、改良型の120ミリ砲を装備し、対戦車ミサイルと通常ミサイルの両方を発射できる。
K2は主砲に独製のRhl20-L55型120ミリ滑空砲を採用。通常の弾丸のほか、
独自開発したタングステン合金徹甲弾、および誘導砲弾を装備しているほか、
韓国が独自開発した新型120ミリ・タングステン徹甲弾も装備。

記事によれば、「2キロ先に並べて置いた日本の90式戦車を2両貫通できる」とされ、
性能は日本や北朝鮮、中国の戦車よりはるかに優れていると報じた。

また、K2戦車はレーザー探知機やGPSシステム、データリンクシステムといった第3世代戦車の最新システムを搭載している。
また、自動装填装置により、搭乗者は3人だけでよく、ほかにも全体的な改良が加えられ、メンテナンスも容易だという。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0212&f=politics_0212_007.shtml



【韓国】「ステルス機」を早期導入2015年にも戦力化 研究開発予算は3億ウォン(約2200万円) このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/01/30 14:35 ] 軍事 | TB(0) | コメント(2)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1 ミミちゃん(静岡県)2011/01/30(日) 12:41:16.25 ID:4qz1jMw60●


「ステルス機」を早期導入、2015年にも戦力化

【ソウル30日聯合ニュース】韓国政府は、ステルス機能を備えた第5世代戦闘機を導入する
次期主力戦闘機(FX)事業を前倒しする見通しだ。

政府消息筋は30日、次期主力戦闘機事業を早めるべきだとする認識が政府内に広がっている
と明らかにした。今年の研究開発予算は3億ウォン(約2200万円)だが、必要なら追加予算も編成
できるという。

国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官も先日、防衛事業庁の報告を受けた際に早く推進できる案を
講じるように指示したと伝えられた。

次期主力戦闘機事業は、今年の国防予算に必要な予算が策定されず、2016年まで戦力化目標を
達成できないとの見方が挙がっていた。しかし、レーダーに探知されにくいステルス戦闘機の導入を
早めるべきだとする政府内の声が高まり、早ければ2015年にも戦力化できるとの見通しが出ている。

防衛事業庁の計画通りに進めば、今年上半期(1~6月)に事業推進戦略が策定され、6月に推進委の
承認を経て下半期(7~12月)に作戦要求性能を定める。来年初めに事業公告を通じ、候補企業から
提案書を受け、テスト評価経て来年8月に機種を選択し、契約を締結することになる。同庁関係者は、
事業推進日程を最大限早めれば、2015年から戦力化することも可能だと話している。

現在、、次期主力戦闘機の候補に挙がっているのは、米航空機製造大手ロッキード・マーティン社の
「F35」、米ボーイング社の「F15SE」、欧州航空宇宙防衛会社の「ユーロファイター・タイフーン」(改良型)など。

次期主力戦闘機導入事業は総額10兆ウォンの予算が必要になると推定され、空軍の老朽戦闘機を
代替する韓国型戦闘機(KF-X)開発事業とも連携されている。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2011/01/30/0900000000AJP20110130000100882.HTML


2 マコちゃん(東京都)2011/01/30(日) 12:41:29.91 ID:bN4TVvjD0


やっす



ゲーツ米国防長官、日本に対し「F-35、F/A-18、F-15E、なんぼでも売ったるわ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/01/14 20:21 ] 軍事 | TB(0) | コメント(0)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1 Dr.ブラッド(静岡県)2011/01/14(金) 18:14:13.42 ID:RAl2n7TG0


訪日のゲーツ米国防長官「米戦闘機の購買を」

ゲーツ米国防長官が中国訪問を終えて日本に渡るやいなや、日本に対して
戦闘機の購買を要請した。

ゲーツ国防長官は13日、東京で北沢俊美防衛相と会談し、早期に戦闘機を
増強することを勧めたと、AFP通信が米高官の話を引用して伝えた。

ゲーツ長官のこうした勧誘は、昨年10月の尖閣諸島(中国名・釣魚島)領有権問題、
中国のステルス戦闘機「殲-20」試験飛行などが続き、日本が次世代戦闘機の購買
機種に悩んでいる中で出てきたという点で、注目される。

米国の国防関係者によると、ゲーツ長官は北沢防衛相に対し、日本の戦闘機強化のために
F-35統合攻撃機、FA-18ホーネット、F-15イーグルの3種の購買を考慮するよう提案した。
またゲーツ長官は、日本が望めば米国防総省が各戦闘機の長所を日本防衛省に直ちに伝える
ことができる、と述べたという。

これに先立ちゲーツ長官は訪中当時、「殲20」の試験飛行を知り、中国の胡錦濤国家主席に
「私の訪問に合わせて試験飛行をしたのか」と中国の軍備拡張に不満を表した。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=136633&servcode=A00&sectcode=A00



次世代戦闘機「J20」、衛星攻撃武器を発射可能 このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/01/11 23:50 ] 軍事 | TB(0) | コメント(3)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1偽FOX ★2011/01/11(火) 20:54:55 ID:???


次世代戦闘機「J20」、衛星攻撃武器を発射可能
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2011-01/11/content_21716062.htm



【軍事】中国が初のステルス戦闘機を開発か?テスト飛行も近い?…中国軍ウェブサイトに登場した姿に航空ファンたち色めく(画像あり) このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/12/29 17:44 ] 軍事 | TB(0) | コメント(2)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |
1どろろ丸φ ★2010/12/29(水) 16:07:00 ID:???0


中国初のステルス・ジェット戦闘機「成都J-20」と言われる戦闘機の姿が中国軍ウェブサイト
に登場、ぼやけた写真ながら、航空ファンたちの間では大騒ぎになっている。
この写真は最近行われたタクシーテストの様子を写したもので、初フライトまではもう数週間
を要するだろうと言う。(以下略)

(画像)中国軍ウェブサイトに姿を現した「成都J-20」と思われる戦闘機



「成都J-20」想像図





ステルス機の比較(ロシアのT-50、米国のF-22A、中国の成都J-20(想像図))



「成都J-20」解説図



米「TIME」:
http://swampland.blogs.time.com/2010/12/27/first-chinese-stealth-fighter-ready-for-takeoff/
関連スレ:
【韓国】 韓国型戦闘機、ステルス機としての開発を検討…2012年末ごろ開発★2 [12/27]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1293461670/



大卒者の自衛官応募が急増! 自衛官はタダで資格10種類が取れ転職できるので競争倍率9倍 このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/12/11 22:51 ] 軍事 | TB(0) | コメント(0)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1影の軍団ρ ★2010/12/11(土) 17:24:52 ID:???0


不況で就職難が続く昨今、自衛隊入隊希望者が増えているという。
なんでも各種資格・免許が取れるのが魅力とか。しかも、すべてタダ。

10種以上の資格ホルダーもいるという。ジャーナリストの田村建雄氏がリポートする。

退職者のための集中技能訓練とはどういうものか。陸幕監部広報室担当者はこう語る。
「退職自衛官の再就職に有利な資格・免許を取るための部内技能訓練を行なうシステムがある。
3年内に退職する幹部、中堅、若い任期制自衛官で辞める人たちが対象です」

例えば仮に退職後の再就職に備えて大型特殊自動車免許を取得したいとなれば、
学科も実技も3か月以内で合格できるように技能訓練をする。

大型特殊自動車免許の他、退職再就職支援の技能訓練で取る資格定番は、
クレーン運転免許、フォークリフト免許、ボイラー、危険物取扱者、調理師、マンション管理士、防災管理者などがある。

自衛隊OBが語る。「例えばすでに任務の一環でクレーン運転免許を取得していれば、
そのクレーン車を公道で運転でき、仕事に連続性が持てるよう大型特殊免許を取る技能訓練を受ける」

こうした資格・免許取得の有利さや、退職者再就職支援の手厚さが
好条件となっているのか、この数年、大卒者の自衛官応募が急増し、
競争倍率は年々上昇、最近では9倍を超えるという。

中には、資格・免許だけ取得してすぐに退職してしまう者もいそうだが、
隊員として実務をこなしながらの技能熟練はそれほどすぐに到達できるものでもない。
何より任期1期目(約2?3年)で退職する時、陸上自衛隊では54万円、海上・航空自衛隊は90万円が支給される。

さらには前述の退職者のための集中技能訓練もある。免許の「取り逃げ」はないのが現実だ。
それよりも、自衛隊に資格取得だけを求めて入隊することは本末転倒。

あくまで国防のための資格、免許取得であることを忘れてはいけない。(抜粋)
http://www.news-postseven.com/archives/20101211_6983.html



新型軍用パワースーツ「XOS-2」を公開 装着すれば普段の17倍の力を発揮 ※ただし空は飛べません このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/11/13 16:27 ] 軍事 | TB(1) | コメント(0)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1 :そーきそばφ ★:2010/11/12(金) 21:45:40 ID:???0
ソルトレークシティー(CNN) 米軍需製品メーカーのレイセオンが新型の外骨格スーツ「XOS-2」を披露した。先日行われたイベントでは、
XOS-2に身を包んだ試験技術者がその威力を実演。マンガや映画で人気の「アイアンマン」のような超人的な動きに見物人はくぎ付けになった。

試験技術者は、油圧式ロボットアームを装着した腕で約7.5センチ厚の板を割り、30キロ以上のアルミケースを軽々と投げてみせた。
このスーツを身につけると普段の17倍の力が発揮できるという。

ただし、空は飛べない。

レイセオンは、米軍の物資運搬作業にXOS-2を役立たせたいと考えている。このスーツを身につければ作業員1人で兵士2~3人分の作業をこなせるという。
順調にいけば、2015年には現場で「アイアンマン」スーツが活躍する可能性もある。

副社長のフレイザー・スミス氏によると、軍の物流部門では1日平均7260キロもの物資を運搬しているという。
XOS-2はフォークリフトが使えない狭い場所で使用することも可能だ。

XOS-2は人間の骨格のような形をし、背骨部分にマシンが取り付けられている。イベント当日は、この部分に油圧式電源が接続された。

スーツを身につけた技術者は、軽いバックパックを背負っている感じだと語った。反応も良く、体の動きがスーツに届くまでの時間は10ミリ秒未満だという。

ただ動力源には課題がある。リチウムイオンなどの化学バッテリーは長時間の連続稼働に不十分なうえ、爆発などの危険性も伴う。
スミス氏は、ガソリンやディーゼルの単気筒エンジンなら対応できるかもしれないと話している。

また、軍需製品とはしているが、受注があり生産が加速すれば、3年以内にも一般の人向けに15万ドル(約1200万円)で販売することも検討しているという。

http://www.cnn.co.jp/business/30000881.html
写真 XOS-2に身を包んだ試験技術者








アクセスランキング ブログパーツ 授賞式