スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アトピー歓喜】ノリ由来の新物質にステロイド並の効能、副作用ほぼなし ※絶滅危惧種 このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/02/09 16:19 ] 医療・健康 | TB(0) | コメント(0)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1 みったん(dion軍)2011/02/09(水) 13:53:47.69 ID:bzSCfeug0

 アトピーに「サクラン」有効 スイゼンジノリから抽出

 福岡県朝倉市の黄金(こがね)川だけに自生する絶滅危惧種スイゼンジノリから抽出される新物質「サクラン」が、
アトピー性皮膚炎の予防と治療に有効であることを高知大学の弘田量二助教(環境医学)らのグループが突き止めた。
マウス実験では、かゆみによるひっかき行動が10分の1以下に激減。
アレルギー反応を引き起こす同皮膚炎の原因のIgE抗体も、ほとんど検出されないレベルに低下したという。
天然由来のため副作用はほぼないとしている。臨床試験を経て医薬品としての実用化を目指す。

 サクランは、北陸先端科学技術大学院大学の金子達雄准教授(有機合成化学)らが2006年にスイゼンジノリから発見した多糖類。
1グラムで水6リットルの高い吸水性があるほか、レアメタル(希少金属)やレアアース(希土類元素)を吸着する性質もあり、企業や研究者の注目を集めている。

 弘田助教によると、人工的にアトピー性皮膚炎を起こしやすくしたマウスの耳に10日間連続で、かゆみを起こす物質とサクランを塗布。
かゆみ物質を塗りサクランを塗らないマウスと、ひっかき回数や皮膚の炎症の度合いを比較した。

 その結果、サクランを塗布したマウスは、ひっかき回数やIgE抗体量が大幅に低下。
皮膚の炎症度合いを示すタンパク質TNFアルファの量も5分の1に減少したという。

 弘田助教は実験結果を「サクランには優れた保湿作用と抗かゆみ作用がある。
皮膚表面の角質層を保護することでアトピー性皮膚炎を悪化させる肌のかゆみと炎症反応が
抑えられ、アレルギーの指標となるIgE抗体も減少した」と分析する。

 今回の実験で、アトピー性皮膚炎の治療に広く使われている抗炎症薬のステロイド剤に匹敵する効果が認められたといい、
研究成果を近く米国の学術誌に論文発表する。今後は、年内に有効成分を特定し、3年後の臨床試験を目指すという。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/225705
絶滅危惧種のスイゼンジノリ(手前)が自生する黄金川=福岡県朝倉市





スポンサーサイト

歯磨きは1日1回でいい 食後すぐに歯を磨く奴はバカ 長時間歯を磨く奴もバカ このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/02/02 20:15 ] 医療・健康 | TB(0) | コメント(0)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1 エコンくん(大阪府)2011/02/02(水) 17:55:30.36 ID:8GUDThm50●

CMなどを観ていて、ときどき気になることがある。
それは、「朝の歯磨きは、起きてすぐするのか、朝食後にするのか」ということ。

自分自身は、歯磨きは基本的に毎食後にしているのだが、
調べてみると、朝食のときの歯磨きだけは「食後」と「朝起きてすぐ」と、
人によって意見が分かれるようだ。

歯のためにはどちらが良いの? 渋谷区幡ヶ谷の坪田歯科医院・坪田泰幸院長に聞いた。
「歯を磨くことについて、『食べカスをとる』というイメージを持つ人が多いですが、
本当は、歯ブラシはプラーク(歯垢)、つまり細菌のかたまりをとるためにするもの。プラークと食べカスは違うんです」

1日に歯磨きする回数は1~3回が一般的のようだが、
歯科医や歯科スタッフには「毎食後と寝る前にもう一度=4回」という人も多いそうで、
なかでもいちばん大事なのは「寝る直前の歯磨き」だと言う。
「寝ている間は唾液の分泌量が大きく減少しますが、唾液には殺菌作用があるため、
唾液が減少すると口の中の細菌の数がどんどん増えてしまうんです。
だから、寝る前に少しでも細菌の数を減らすことが大切なんですよ」
そこで気になるのが、朝の歯磨き。朝食前と後とでは、どちらが良いんでしょう?

「朝起きたときがいちばん口の中が汚れているから、起きた直後に歯磨きするのは良いことだと思います。
また、食事で食べカスができるから、朝食後に磨くのも良いですよね。
朝食前か朝食後かは、歯科医によっても考え方が違いますし、一概には言えません」

つまり、少し面倒くさいけど、朝起きてすぐと朝食後とどちらも歯磨きするのが理想なのだろうか。

「朝食前と後、両方磨いているという人も患者さんには多いですが……
実は最近は磨きすぎの人も多く、それも問題なんですよ」

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1295888146379.html



【速報】 レーシックで大量感染 被害患者100人以上 このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2010/12/07 22:32 ] 医療・健康 | TB(0) | コメント(0)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

1 冬将軍(西日本)2010/12/07(火) 20:05:46.49 ID:xzqnhuY+0


レーシック手術:「元には戻らない」患者は怒り収まらず

 高校教師だった横浜市中区の女性(36)が銀座眼科を訪れたのは08年12月。
フロアは来院者であふれ「流れ作業のように診察、手術が進んでいた」。手術は約10分
で終わった。

 異常を感じたのは約1週間後。白いコピー用紙がまぶしく見え、目の奥がうずいた。「
よくあることです」。銀座眼科を再訪すると、溝口容疑者に言われた。角膜炎だった。
何度か通院したが症状は一進一退。年明けに大学病院に駆け込んだ。

 菌の特定に時間がかかり入院は約2カ月に及んだ。09年3月に職場復帰したが、
感染した左目の不正乱視が悪化。細かい字が見づらくなり、仕事に支障が出始めた。
北海道への修学旅行を引率した際、空港搭乗口の看板が見えず「生徒を連れたまま迷って
しまった」。今年3月末で退職し、塾講師に転職した。

 今もろうそくの火が花火のように映るという。「医師免許を剥奪してほしい」と怒り
は収まらない。

 千葉市緑区の主婦、野村たきえさん(46)も、08年末に手術を受けた。手術直後
は「青空が澄んで見えた」。だが約1週間後に目の痛みを感じた。目が開けられず、
小学生の娘に手を引かれるようにして銀座眼科に急いだ。

 「炎症を起こしています」。症状がひどかった左目の洗浄をすることになったが、
溝口容疑者は麻酔が効いていない右目に、まぶたを開かせる器具を取り付けた。目の周辺
の皮膚が裂けると思うほどの痛みに、野村さんは「痛い」と叫んだが、溝口容疑者は「ご
容赦ください」とだけ言い、洗浄に取りかかった。「怖くて『違う目です』とは言え
なかった」と振り返る。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101207k0000e040049000c.html










アクセスランキング ブログパーツ 授賞式